スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を大事にすること

こういうことをめっきりブログに書かなくなってしまったんだけど、たまにはいいかな。

さっき、寝る準備してた時に足をどこかにぶつけたのか、なんか指先に違和感があったんです。
着替えるところだったので靴下を脱いでみたら、右足薬指の爪が割れてました。
モロッて感じでした。
痛みとか全然ないんですけど、なんかショックで。
だってモロッ。です……。

手の指はそんなでもないんだけど、足の爪がここ数年すごくもろくて、爪切りで切ろうとすると粉になって砕けるとまではいかないけど、それを心配する程度に非常に頼りない感触なんです。

栄養が足りてないんだろうなあと思います。
私は社会人(という言い方はおかしいと思ってるので正しくは会社員)になってから一人暮らしを始めました。
一人だとめんどくさかったら食べなくても怒られないし、他人には誰にも迷惑かけないです。
仕事終わってからご飯作るのも、同人の修羅場中に献立考えるのもしんどくて仕方ありません。暇もない。
もともとあんまり食事に執着のあるほうじゃなくて、とりあえずお腹がふくれればいい、インスタントでも、栄養バランスがめちゃくちゃでも。

自炊をすることもありますけど、1口のコンロしかなくて作業場もない狭いキッチンで何品も作る気力が沸くほうが稀です。

誰が言ったのか覚えてませんが、今食べてるものって三年後に体に出るんだとか。
そろそろ、バランスの崩れまくった体になってきてしまってるんだなあ。そう思います。


実家にいる間は今から思えば母がかなり頑張ってたと思う。
ものすごく品数が多く、食べきれないからしんどいと常々思っていたのですが、あの頃は足の爪も爪切りで切るのが困難なほど硬かった。カルシウムバリバリですわ。一時期味噌汁に小魚を粉末にしたやつが毎日入ってました。

口から入ったものだけが自分の肉体を構築して行く。
ズボラした分だけ、自分の体を構わなかった分だけ、それも体の部品として結果が露出してくる。
インスタントもコンビニも外食も楽でいいけど、もう少し自分のことを大事にしてもいいなと考えさせられる、爪欠け事件でした。

ただ、生きてる限り、自分の年齢や体調と相談しながら、適切な栄養バランス、運動、睡眠などをずっと続けないといけないのかと思うとなかなか自分を大事にして生きるということは、大変です。
案外自分以外の誰かがいた方が、その人の体を(大事に)構築するついでに自分の体も気にかけられるのかもなと思います。
自分を大事にするって、この世の何よりも簡単そうなことなのにすごく難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。